2010年10月02日

家庭用の生ごみ処理機にチップ材をセットしてみた。

生ごみ処理機の「自然にカエル」に、付属していたチップ材をセットしてみました。

このチップ材は、「エコパワーチップ」と言います。

チップ材には、有用微生物(バクテリア)が、たくさん棲んでいます。

この微生物が生ゴミを分解してくれます。


・本体にチップ材を入れました。
ecology-garbage-12.jpg

チップ材は、2袋で16リットル分です。

本体の内側に、18リットルのラインがあるのですが、それより少し少ないくらいです。


・本体のハンドルを引き出した状態です。
ecology-garbage-13.jpg


・ハンドルを左右に回転させると、中のチップがよく混ざります。
ecology-garbage-14.jpg

初回なので、よく混ざるように、出来るだけ多く回転しました。


・本体のわかりやすいところに、交換時期シールを貼りました。
ecology-garbage-16.jpg


・交換時期シールには、チップ材をセットした日付と、交換時期の日付をあらかじめ書いておきます。
ecology-garbage-15.jpg

チップ材の交換は、4ヶ月に一度程度が目安になるようです。

通常は、チップ材を1/2(半量)だけ交換します。

また取扱説明書には、「チップ材をセットしてから、24時間は生ゴミを入れないように」と書かれています。

微生物が活発に活動するまで待つためです。

そこで、翌日まで置いておくことにしました。

この生ごみ処理機は、室内型なので、家の中に置きます。

そして乾燥を好むので、通気が良い場所に置くことにしました。

posted by 生ごみ処理機体験記 at 08:15| チップ材をセットする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


生ごみ処理機を使ってみる TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。